和光3・11を忘れない実行委員会

 未だ宮城・福島の沿岸部の復興は遠く、原発事故の影響は深刻なまま。首都圏の市民で被災・避難者へエールを!!

団体情報

団体名 和光3・11を忘れない実行委員会
活動分野 社会教育、まちづくり、学術・文化・スポーツ、災害救助、地域安全、人権・平和、国際協力、子供の健全育成、市民活動支援
活動対象 高齢者・障がい者・成人・青少年・子ども
代表者氏名 江頭 康仲
代表者住所 〒351-0114 和光市本町31-14-507
連絡先氏名

齋藤 大介

連絡先住所

〒351-0014 朝霞市膝折町5-4-16

連絡先電子メール

duke-s@kd6.so-net.ne.jp

連絡先電話番号 090-5793-3800
連絡先FAX 048-467-6335
発足年月日

2012年6月1日

ホームページ等

HP:和光3・11を忘れない実行委員会(https://wako311wasurenai.jimdo.com/)

活動内容 2011年3月11日の東日本大震災犠牲者追悼、被災者支援の為、和光市民文化センターでのイベントを通じ募金を集め、有効活用する。
活動日 不定期
活動場所 和光市民文化センター、和光市中央公民館
会員数 10名
会費 なし
会員募集 あり
協働意向 イベント開催・講座・講師派遣

団体ホームページ等

和光3・11を忘れない委員会(事務局長活動日記)

4月30日(火)第7回イベント活動報告(プレス版)
3月11日(月)18:00~ イベントの内容が 放送されました。   3月9日(土) 午前中、ケーブルテレビ、J-COMが3月11日放映の取材に。まず、5~6問の質問に答えるインタビューやロビーの写真展、「渡和の会」物販コーナー、そして2階で10時半からの「防災講演会」を取材。 COM取材。 3月8日(金)朝日新聞朝刊に告知記事 3月7日(木)毎日新聞朝刊に告知記事 下記「毎日新聞ネット記事」   東日本大震災8年 3・11を忘れない 和光できょうからチャリティーイベント     東日本大震災を忘れず、被災者や避難者を支援するチャリティーイベント「和光3・11を忘れない 第7回みんなでつながろうin和光」(実行委主催)が7~12日、和光市中央公民館や市民文化センターサンアゼリアで開かれる。収益金は市社会福祉協議会を通じて避難者の集い「和光つながりカフェ」の運営費用として活用される。 実行委の斎藤大介事務局長は「最近の自然災害多発で東日本大震災の記憶が薄れつつある。イベントを通じて…   3月7日(木)テレビ埼玉に江頭実行委員長が生出演! 3月4日(月)東京中日スポーツ新聞にイベント告知記事掲載 サンアゼリア 広報紙1・2月号 スマイルよみうり(朝霞・志木・和光・新座)2月号 市民新報(新座・和光・志木・ふじみ野)2月号 朝霞市民新報2月号
>> 続きを読む

2月28日(木)埼玉県HPにイベント概要掲載されました
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/library-info/20190307wakou-wasurenai.html
>> 続きを読む

3月23日(水) イベントのお礼や感想など

>> 続きを読む

 団体チラシ(和光市市民協働推進センターブログ)